ボートで島めぐり

boat1 海岸線の9割以上がマングローブでおおわれたヤップ島。静かなマングローブの水路をボートでめぐって、海から島をながめてみてはいかがでしょう? マングローブとは、「水辺に生える植物の総称」だそうです。大陸から遠く離れているにもかかわらず、ヤップ島では、これまでに20種類以上のマングローブが確認されています。

 

 

boat2 水路のなかはいつもベタなぎ、大波に揺られるような心配はありません。そしてNature's Way(ネイチャーズウエイ)のボートには、日よけの屋根がついていますから、炎天下の強い陽射しでも、屋根の下の日陰にいれば安心です。

 

 

 

boat3 潮の高さや動きをみながら、コロニアを出発したボートは、マングローブにおおわれた水路を北へとのぼります。空気がかきまわされていない早朝ですと、水路に入ったとたん、まるで森林浴をしているような緑の匂いに包まれます。そして木々のそよぎに耳を澄まし目を凝らせば、いろんな野鳥のさえずりが聞こえてきます。

 

 

boat4 潮が引いたマングローブの根元に目を向ければ、真っ赤なベニシオマネキが一斉に手を振ってくれたり、トビハゼがぴょんぴょん飛んでいたり、そして運が良いとワタリガニ(マングローブガニ)がぽろっと顔を出していたり...。ボートの真下の水面に目を落とすと、餌をさがすテッポウウオと目があったり...。

 

 

boat5 細い水路を抜けると、あちこちの海岸に建つ「男の家」(ファルー)が見えてきます。車で島めぐりでは陸側から「男の家」を訪れますが、海からも見ることで、その機能を理解しやすくなります。ルムング島ツアーでは、ヤップの北端にあるルムング島に上陸し、ヤップ島最大の石貨と、現在でもしっかり使われている男の家を見学します。

 

 

boat6 ルムング島に行く途中に、マンタがよく来る浅瀬があります。潮まわりが合えば、ルムング島ツアーの途中、ここでスノーケリングを楽しんだり、近くのビーチに上陸してまったりしていただくことも可能です。

 

 

boat7 ボートツアーは「潮まわり」に大きく影響されます。満潮時間がお昼前後の潮まわりなら、ボートツアーも余裕をもってゆっくり進行できます。しかし満潮時間が早朝や夕方で、日中に水位がうんと下がるような潮まわりでは、ツアーの催行は早朝や午後遅く、あるいは催行不可能な日もでてきます。      

 

 

      boat8

ボートツアーのリクエストには、あらかじめ当日の潮の動きを予想してツアーの内容や催行の可否をお返事しますので、まえもってお問い合わせください。ある日のボートツアーの帰り道、マングローブの向こうの西の空に、見事な虹が立ち上がっていました。南の島ではよく虹を見ますが、海の上で見る虹は、スケールが大きくて素敵です。

 

ページトップに戻る

ツアー料金

      
ツアー名 通常料金 早割料金
含まれるもの:ボート、ガイド、アイスウォーター、新鮮な果物またはスナック、コロニアのホテルからの送迎。スノーケル付の場合は、マスク&スノーケル、フィン、ライフジャケットも含みます。※印のツアーには特製ローカルフード弁当が付きます。

シングル・チャージ: 参加者がおひとりだけの場合は、$35.00の追加料金を申し受けます。

マングローブ・ボートクルーズ $80.00 $72.00
マングローブ・ボートクルーズとマンタの水路でスノーケリング $85.00 $77.00
マングローブ・ボートクルーズでルムング島のヤップ最大の石貨を訪問 $99.00 $89.00
マングローブ・ボートクルーズでルムング島のヤップ最大の石貨を訪問、マンタの水路でスノーケリング ※ $105.00 $95.00
マングローブ・ボートクルーズでルムング島のヤップ最大の石貨を訪問、ビーチでピクニック ※ $110.00 $99.00

ページトップに戻る

 

会社案内

Nature's Way(ネイチャーズウエイ)の事業内容、経営理念、スタッフ、設備、会社の歴史など...

連絡先:

P. O. Box 238, Colonia
Yap, FM 96943-238
Federated States of Micronesia
Phone: 691(350)3407