スクーバ・ダイビング

d1 ヤップ島のダイビング:ヤップ島は、いくつかの細い水路(チャネル)によって分かれた4つの島のかたまりが広大な裾礁によって囲まれた、陸地面積約100平方キロメートルの大陸島です。ダイビングのスタイルとしては、水路の中あるいは入り口近辺を潜るチャネル・ダイビングと、サンゴ礁の外海を潜るリーフ・ダイビングが楽しめます。

 

d2 チャネル・ダイビングの醍醐味は、なんといってもマンタ・ウォッチングでしょう。身体は大きさに似合わずとてもデリケートなマンタは、驚かさないでじっとしていると、ときにはダイバーの真上まで寄ってきてホバリングしたり、デートのシーズンには十数匹以上のオスが連なってメスを追いかけたりする様子が見られます。しかしマンタも生き物、どのように現れるかは彼らの気分次第 。しかしマンタがお留守でも、リーフの外から入ってくる大型魚や根付のギンガメ、タイマイ、またはマンタに夢中になっているダイバーのフィンの下では、 人知れず必死に巣穴を掘っている共生エビとハゼなど、色々な生き物の生態を観察できます。

 

d3 リーフ・ダイビングでは、穏やかな流れ、クリアな透明度、暖かい水温(年平均28度)に恵まれ、のんびりお散歩ダイビングが楽しめます。最南端から南西にかけてのリーフには、ドロップオフと地形の特異さ、豊富な魚影でヤップを代表するポイントが連なります。また東側のリーフには見事な状態のサンゴが続いています。マクロ派は定点でじっくり小物観察や写真撮影、もっといろいろ見てみたい派は流れにのってドリフトダイブなど、各ポイントや水深で色々なダイビングを楽しむといいでしょう。カンムリブダイ、アオウミガメ、グレイリーフシャーク、バラクーダ、ギンガメアジ、マダラトビエイなどが、良く見られる大きな生物です。また、300種類以上にものぼる多様なサンゴの観察と、そこを住みかにする小さな生物も見過ごせません。

 

d4 季節による変化:北東の貿易風が強まる11月から翌年4月頃まで、雨が少なくなり島の土地は乾燥します。この時期には貿易風による高波のため に、東側のリーフ・ポイントの多くが潜れなくなりますが、島の北西に位置するミルチャネルでは、ときにマンタの交尾行動が目撃されるようになります。貿易風が弱まる5月から10月にかけて は、一日に数回のスコール(恵みの雨)があり、島の緑が生き生きとしてきます。なかでも6月後半から7月にかけて海はベタ凪となる日も多く、島中 すべてのポイントで潜れる日が続きます。この季節には、北東側のゴフヌーチャネルと北西側のミルチャネルで、マンタを見ることができます。

 

d5 潮の干満による変化:ヤップで潜る場合、潮の高さがダイビングやボートの操船を大きく左右します。最高にいいタイミングは、潮の干満の差が大きい大潮の時期の満潮2~3時間前にダイビングを開始することでしょう。こういう時は水面からスノーケリングでもマンタを見ることができます。満潮時間を過ぎると、リーフの中の海水がマングローブや陸から出てくる濁った水とともに各チャネルからリーフの外に流れ出す ため、どんどんと透明度が落ち、チャネルの中では流れが強くなるため、潜ることのできる場所が限定されます。潮の干満の差が少ない小潮の時期は、リーフの中の海水が完全に入れ かわらず、上げ潮時でも透明度は上がりません。ヤップの海を十分に楽しむためには、できるだけ潮まわりに合わせて旅の計画を立ててください。下にリンクした潮時カレンダー では、月々の潮の動きの予想をしています。

 

d6 潮時カレンダーベストな潮のタイミング選びのために、ヤップ島の潮時カレンダーを色分けで説明しました。ダイビングの出発時間、潜り方や期待できる生物、透明度などを、潮まわりの観点から予想してあります。実際には外洋の波の高さや風向き、風の強さなどによっても影響を受けますので、あくまでも参考としてご利用ください。

  >>  潮時カレンダー

  >>  潮時カレンダーの見方

 

d7 環境をこわさない安全なダイビングダイバーが環境へ与える影響は、ヤップ島のようなサンゴ礁に囲まれた地域では、たいへん大きなものです。手や足の動きにちょっとだけ注意をはらい、スキルアップをすることで、もっと楽に、安全に、環境への被害も少なく、ダイビングを楽しむことができるようになります。それをお手伝いするために「10のポイント」をご紹介します。まだ自信のないダイバーには、よろこんでスキルアップのお手伝いをいたします。      

  >>  エコ&セイフダイビングへの10の提案

ページトップに戻る

 

ダイビング料金

      
ツアー名 通常料金 早割料金
含まれるもの:タンク、ウエイト&ベルト、ボート、ガイド、アイスウォーター、暖かいお茶、コロニアのホテルからの送迎。 (※)ではダイビングの休息時間に季節のフルーツまたはスナックをご用意します。前もって予約された追加の3 ダイブは特製ローカルフード弁当になります。

シングル・チャージ:(2人以上から)となっているツアーの参加者がおひとりだけの場合は、$35.00の追加料金を申し受けます。

1ボートダイブ(2人以上から) $75.00 $68.00
2ボートダイブ(※) $125.00 $112.00
追加の3ダイブ目(日中)(※) $50.00 $45.00
サンセットダイブ(2人以上から) $60.00 $54.00
ナイトダイブ(2人以上から) $75.00 $68.00
2ダイブ・チャーター、22フィート (最大3人まで)(※) $350.00 $330.00
2ダイブ・チャーター、26フィート (最大6人まで)(※) $700.00 $648.00
リフレッシャーコース(2ボートダイブ)(※) $150.00 $135.00
各種ダイビング講習随時開催 要相談 要相談

ページトップに戻る

 

レンタル器材料金

器材名 一日レンタル 一週間レンタル
フル器材レンタル $40.00 $140.00
レギュレーター $10.00 $35.00
BCD $10.00 $35.00
ダイブコンピューター $10.00 $35.00
マスク&スノーケル $5.00 $18.00
フィン $5.00 $18.00
ウエットスーツ $7.00 $25.00
 

ページトップに戻る

 

会社案内

Nature's Way(ネイチャーズウエイ)の事業内容、経営理念、スタッフ、設備、会社の歴史など...

連絡先:

P. O. Box 238, Colonia
Yap, FM 96943-238
Federated States of Micronesia
Phone: 691(350)3407