伝統カヌー乗船体験

canoe1ヤップ島をはじめミクロネシアの島々につたわる伝統航海術は、星、風、うねり(波)などをたよりに、木製のカヌーで何百キロもはなれた大海原をわたった人々の叡智とスキルです。このツアーで乗船していただくのは、リーフの中を走る小型のカヌーですが、その操船法は大型カヌーと変わりません。 また浜辺には、かつてパラオやグアムへ航海した大型帆走カヌーが展示されています。

 

canoe2 カヌーが置いてあるビーチへ、潮の時間に合わせて向かいます。潮が引きすぎているとカヌーが出せませんので、出発時間は日々異なります。また日程によっては催行不可能な潮まわりもあります。 もうひとつ、風がまったくない状態ではカヌーは帆走できませんので、最終的な催行の可否(帆走の可否)は当日とさせていただきます。

 

canoe3 通常、ゲスト2~3人乗りのカヌーで運航します。それでもクルーは2~3人乗ります。帆走の原理はヨットと同じですが、ヤップの伝統カヌーには舳先(へさき)も艫(とも)もありません。必要に応じて帆を返しながら進みますが、そのタッキングが見どころのひとつです。

 

 

canoe4 ビーチから離れて帆が立ちあがり、風を受けて動きはじめると、カヌーはかなりのスピードで帆走します。ひたひたと風を切って静かに走るカヌーに乗っていると、まるで空と海と一体になったかのような錯覚にとらわれるかもしれません。

 

 

canoe5 ミクロネシアの帆走カヌーはシングル・アウトリガーです。帆はいつもアウトリガーの反対側で風を受けています。カヌーのスペースはせまいですが、クルーがいつも気をつかってくれますから安心です。

 

 

canoe6 方向転換などで帆を返すときは、この帆軸が反対側に動いて、舳先(へさき)と艫(とも)が交代します。同時に舵手も一緒に新たな艫(とも)へと移動してきます。 念のため、ゲストにはライフジャケット着用していただきますが、体験乗船の帆走はリーフ内ですから、大きな波の心配はありませんので、安心してご乗船いただけます。

 

 

ページトップに戻る

伝統カヌー乗船体験・料金

      
ツアー名 通常料金 早割料金
含まれるもの: コロニアのホテルからのピックアップ、ドリンキング・ウォーター、訪問地の入域料、カヌー乗船料、石貨見学、特製ローカルフード弁当。

シングル・チャージ: 参加者がおひとりだけの場合は、$35.00の追加料金を申し受けます。

伝統カヌー乗船体験(約5時間) $99.00 $89.00
 

ページトップに戻る

会社案内

Nature's Way(ネイチャーズウエイ)の事業内容、経営理念、スタッフ、設備、会社の歴史など...

連絡先:

P. O. Box 238, Colonia
Yap, FM 96943-238
Federated States of Micronesia
Phone: 691(350)3407